いろはのことのは。

対話を通して言葉を贈る〝言葉贈り人〟として活動しています。忍者としても密かに活動中。

心の季節や天候。

きっと心にも季節や天候があるのだろう。 地球がそうであるようにヒトの心にも四季があるのだろう。 日本人だから春夏秋冬と四季と表すのがわかりやすいが、四季と言っても実際はグラデーションのように移ろいゆく。 地球さんという1つの生命体と考えれば季…

違いと間違い。

悩んだ時に出てきがちなこと。 ああ、人とやってること違うから僕はダメなんだとかあの人が出来てることが僕は出来ないからダメなんだとか。 同世代の人が就職して結婚して子供が出来てる。 でも自分は違う。 だから、、 自分と誰かを比べてしまうと陥りがち…

文を読む。

ここ最近ようやく文を読めるように戻ってきました。 文と言えども本やらブログやら色々ありますが、比較的短い文なら読めていました。 本でも文章がつらつらと続くタイプの本は読めずにいました。 絵が多い漫画とか絵本なら読めていました。 ここ数年間は原…

認められるとか認められたいとか。

承認欲求はとどまることを知らない。 しかし、誰に認められるとか認められたいとか追い求めても意味はない。 意味はないと言うか、虚しくなるだけ。 認められても認められなくてもどっちでも良い。 どっちも良い。 自分が生きる上で誰かに認められるとか認め…

気付きはそこらへんに転がっている。

気付きはそこらへんに転がっている。 本当に最近実感している。 自分の意識のアンテナをそちらのほうに向けて広げてみると自然に流れてくる。 なんの変哲も無いモノやコト、ヒト、この世に存在するあらゆるものから受け取ることが出来るんだと。 たった一杯…

背景を感じ取る。

どうしても心に余裕がないと目の前にあるもの、目の前で起こったこと、目先のことに対して直接的に受け取ってしまう。 それもあって怒りや悲しみ、虚しさ、不安、恐怖を過剰に感じてしまうのだろう。 自分の中に少しの余裕があると、起こることやもの、人に…

どうせ起こす循環なら。

自分の中だけよりも周りも巻き込んで。 自分の中だけでいくらグルグルグルグルしていてもなかなか循環は起きない。 昨日ギフトと愛の度数のお話を改めて聞いたから余計に思うのかもしれないが、、 むしろ昨日のあのタイミングで必要だったのだと思う。 一昨…

破壊と創造。

最近静かに自分破壊が始まっている。 破壊と言ってもネガティヴな破壊ではなく、ポジティヴな破壊。 今年に入ってからは、うおおおお!って動いたり、チーンって静かになったりしてましたが、ふっと脱力した後にコツコツと自己破壊を始めています。 凝り固ま…

自分が生きた証。

自分がこの肉体をもってどうしたいか。 思い出した。 わかったと言うよりかは思い出した。 何になりたいとかこれを作りたいとか色々ああだこうだ考えたり実践したりしてきたけれど、根本にあるのはこの世に自分が生きたという証を残したい。 僕の死後何年、…

他人軸と自分軸。

僕は人の目がすごく気になる人です。 これ言ったらあの人はどう思うかな? これ言ったらこの人はどう思うかな? 僕がこういう風に振る舞わないとあの人にとっては良くないとかこういう風に振る舞わないとこの人に嫌われるんじゃないかとか。 相手のことを思…

知らないことが多すぎる。

この世に生まれて今年で30年。 知らないことが多すぎる。 知らないことを知るのはとても楽しい、ワクワクする。 知らないことを知るのは怖い、ドキドキする。 目の前にいて目を合わせて話してるあなたのことでさえも知らないことだらけだ。 もちろん僕のこと…

無駄なものなんて何もない。

無駄なものを無駄と思わない。なんてことはその時はまだ思わなくてもいい。 無駄やなぁと思った時は無駄やなぁと思えばいいし、その感情や感覚を大事にしたらいいと思う。 そして、その後何日後か何ヶ月後か何年後かわからないけど未来の自分があの時無駄や…

自分の中の違和感をほったらかしにしない。

自分の中に違和感が生まれた時、無視したり見逃したりほったらかしにしたりしない。 相手を優先に考えて、相手に合わせて、自分の中の違和感をほったらかしにしていると、どんどん自分が自分じゃなくなっていく。 相手に優しくするのと相手のことを考えてあ…

自分の中の愛が溢れてると。

今確かに言えることは自分の中の愛が溢れているということ。 川の上流も上流の出発点ぐらいのちょろちょろ具合かもしれないけれど、確かに溢れている。 これは僕自身がどうこうとか言うより周りの方々に注いでもらった愛を素直に受け取れるようになってきた…

波のまにまに。

ほんとに今年に入ってから色んなことが変わっていった。 それは自らが望んだのもあるし、きっと今の流れがそうゆう流れなのもあるのかもしれない。 もはや以前の自分が遠い過去のような、大袈裟かもしれないしRADWIMPSの歌じゃないが前前前世のような気もす…

自由と自分勝手。

ここ最近はとても穏やかで楽しくて日々良い感じで過ごせています。 そんな今やから気付けたことが、自由と自分勝手を履き違えて生きてきたなぁと思います。 直感でやりたいことやりたくないこと、好きなこと嫌なことを判断してきた。それは別に良いんやけど…

こどもに教わる。

こどもに教わる。 こどもは無限だ。 こどもにとっては他人じゃなくてお友達。今までこの言葉に違和感があったけど、実際に初対面の子たちがまるで兄弟のように楽しそうに遊んでる姿を見ると、そうゆう固定概念はどっかに飛んだいった。 それと同時に感動すら…

水のように生きる。

水のように生きる。 水は入るものに合わせられる柔軟性がある。入るものによって、見た目の形は変わるけど本質的に水であることに変わりはない。 水は水であることで色んな生命の命を繋ぐ。動物も、植物も、もちろん人間も。水が無いと生きていけない。 水は…

原点回帰。

原点回帰。 長い間書けなくなっていた作詞を昨日の晩からちょこちょこ始めてみました。 やはり作詞するの楽しい!やはりいきなりドバババッ!とは書けないもので、いきなり詰まってる。でも、そんな自分も認めてあげて、さあここからどうしようとゆっくり寄…

小さなことからコツコツと。

先日鋭利製作中ですと宣言した手作り名刺ですが、デザインは決めたので、今手書き手描きでコツコツと作っております! ここで、デザインを発表したいと思います! これが文字を書き入れる前段階。 緑の方が表です。 表は波と縁(円)を意識して描きました。 …

自分を見つめる。

自分を見つめる。 自分を見つめるって抽象的過ぎてどうゆうことやろう?って思っていた。1つこれかなー?ってことに気付いたので書きます。自分の1番身近にあったもの。 自分の素直な感情に向き合う。自分の素直な感情を受け止める。自分の素直な感情を抱き…

やらない勇気、やめる勇気。

やらない勇気、やめる勇気。 僕は好奇心旺盛で色んなことに興味を持つし、完璧に完全に綺麗にスタイリッシュにやりたいって欲が強い。 でも、実際はそんな簡単に何もかも進むわけがなく、悩んだりへこたれたり続かなかったりする。 色んなことに手を出すのも…

ほら、また完璧を目指してない?

今、自分の中で完璧を求める心が強く占めそうになってきたので書きます。これは自分に対するメッセージでもあるけれど、何かを始めると完璧、完全、めっちゃ綺麗なものを目指すようになる。 その気持ちと向き合っていく必要がある。その気持ちを消すのではな…

ギフトの贈りあい。

2月25日のギブフェスで知り合ったゆきださん。 似顔絵を描いてもらうと言いながらもなかなかタイミングが合わずでしたが、今日ようやくタイミングが合い、描いてもらえましたー! 似顔絵ってあんまり描いてもらったことないのですが、完成した作品を見てビッ…

第8回伊賀流手裏剣打ち選手権大会を終えて。

2017年3月12日、今年で8回目になる全国の忍者から手裏剣打ちのてっぺんを決める大会。 〝伊賀流手裏剣打ち選手権大会〟 これに参加させていただき続けて6年目。そして運良く6年連続本選までいかせてもらうことが出来た。 この大会は働いてた忍者のお店の上司…

第8回伊賀流手裏剣打ち選手権大会本選結果

第8回伊賀流手裏剣打ち選手権大会本選結果 結果から言いますと、上位入賞は出来ませんでした。。 でも、6年連続で本選に出場させていただいてるんですが、初めて点数に入りました!しかも2枚も!(*^▽^*)進歩やん?成長やん? 順位は28位となかなか下目ですが…

第8回伊賀流手裏剣打ち選手権大会本選。

明日は伊賀にて第8回伊賀流手裏剣打ち選手権大会の本選に出場してきます。 第3回から出場してるんですが、ありがたいことに6年連続本選に出場させていただいております。 しかし、まだ本選で一枚たりとも得点に刺したことがないのです。 いつも投げるまでは…

鋭利製作中。

2017年2月25日のギブフェスというイベントをきっかけに対話を通じて相手に言葉を贈る〝言葉贈り人〟という活動をさせていただいてます。 始めたばかりで右も左もわからない僕ですが、右も左もわからなくても目の前に贈りたい方がいてるので真っ直ぐ進みたい…

不完全だから良い。

一歩踏み出そう、成長しよう、やり始めた時は誰しもが完全を目指す。 良いものを作るんだ!完璧を目指す!綺麗なほうが絶対いい! めっちゃカッコいい完成形を描く。 こう思うのはいい。 とてもいい。 やる気に満ち溢れているし、このパワーがないと何も始ま…

考えるよりも感じる。

予定がぽっかり空いた今月末に長野県で面白そうなことをすると聞いた。 だからバスの予約を取った。宿は取ってないけど、まあどうにかなるだろう。 会いたい人がそこにいるから会いに行く。ただその距離が遠いだけ。 だからこそワクワクするし、きっと帰ると…