いろはのことのは。

対話を通して言葉を贈る〝言葉贈り人〟として活動しています。忍者としても密かに活動中。

自分を車に見立てると。

最近の車はほとんどの場合ナビが付いている。

付いていなくても後付けで付けられたりするぐらいだ。

 

 

最近のナビは優秀で、現在地から目的地までの最短ルートを瞬時に判断して出してくれる。

また、走ってる途中でもあと何メートル先でどっちに曲がれば良いか教えてくれる。

たとえ道を間違えても、そこからのルートを再検索して教えてくれる。

マジ優秀。

 

 

何故そんなことが出来るのか。

まずは日本国内の地図が頭に入っているのはかなり大きい。

全体を把握しているから今この車がどこを走っているかわかるわけだ。

これは俯瞰して見るということに近いと思う。

 

 

そして、自分(車)の現在地をきちんと把握していること。

忘れがちだけど僕はこれが1番大事じゃないかなと思う。

自分の現在地がわかっていないと地図が頭に入っていても次にどっちに進めば目的地に近付くかがわからないからね。

 

 

だから目的地の設定も大事だけど、現在地の把握も大事なんじゃないかなと僕は思うわけです。

 

 

今日も命の貴重な時間を使って最後まで読んでいただきましてありがとうございます!