いろはのことのは。

対話を通して言葉を贈る〝言葉贈り人〟として活動しています。忍者としても密かに活動中。

虚しさのその先に。

今日は眠り続けた。

まるで死んだかのように眠り続けた。

 

 

2、3日ぐらい前から激しい虚しさに襲われた。

これは前兆だったのかもしれない。

 

 

自己破壊だなんだと言い張っていたが、全然自己破壊なんてしていなかった。

創造の上に破壊してるつもりの創造を重ねていたに過ぎなかった。

 

 

破壊もどきすらも破壊する。

今までの自分を創ってきた概念や考えを。

破壊する。

甘えは持ち込まない。

 

 

1回死んで生まれ変わるぐらいの気持ちで。

誰がどう見ても、あれ?って思うほどの自己破壊。

そうでもしないとそれぐらいしないと、この虚しさはいつまでも付き纏ってくる。

 

 

この虚しさを越えた先に。

何があるかはわからないけれど。

 

 

もう自分を繕ったり創造の上に創造を重ねるのはしない。

自分の嫌なところも出す。

こんな人間なんですって出す。

 

 

明るい色だけで繕うことで創り上げられた自分は自分ではない。

明るい色も暗い色も全部ひっくるめて自分だ。

 

 

自分に嘘をつくことが自分を自分じゃなくしているのなら、やめたほうがいい。

 

 

 

今日も命の貴重な時間を使って最後まで読んでいただきましてありがとうございます!

広告を非表示にする