いろはのことのは。

対話を通して言葉を贈る〝言葉贈り人〟として活動しています。忍者としても密かに活動中。

第8回伊賀流手裏剣打ち選手権大会を終えて。

2017年3月12日、今年で8回目になる全国の忍者から手裏剣打ちのてっぺんを決める大会。

伊賀流手裏剣打ち選手権大会〟

 


これに参加させていただき続けて6年目。
そして運良く6年連続本選までいかせてもらうことが出来た。

 


この大会は働いてた忍者のお店の上司からこんな大会があることを聞き、最初は軽い気持ちで出てみたいと思って出場した。

 


年々レベルが上がる出場者の方達。
毎年本選までいっても緊張感に負けてしまう自分。
毎年特別に何かを変えたりするわけでもなく、ただ出たいから出続けてきた。

 


何が課題かはわかっていた。


〝心〟


緊張感に負ける心の弱さが一番の原因だと思っていた。

 


しかし、そうじゃなかった。
いや、それも多少はあるかもしれないが肝心なのはそこじゃなかった。

 


それは、〝危機感〟とも呼べるだろうか。
『今ここでやらなければ来年出られるかわからない』という危機感。

 


ここまでの5年間はこの気持ちを抱くのが怖くて危機感を持たないようにしてきた。

 


でも明日は来るかはわからない。
今日いきなり死ぬかもしれないし、もっと現実的なことを言うと仕事の事情で出場すら出来ないかもしれない。
風邪を引いてしまうかもしれない。伊賀に行く時に電車が止まったりするかもしれない。

 


色んな可能性を見ないようにしてきた。
怖かったから。

 


でも、今年は色んな方と出会えてお話させていただいて、少しは成長出来たかなと実感している。

 


だから本選の時、あの場所に立てて、手裏剣を打つことが出来て、色んな忍者さんとお話しすることが出来て、感謝の気持ちしか出てこなかった。

 


〝感謝〟
ああ、今年もここに立ててありがとうございます。
手裏剣打ちが出来ることにありがとうございます。
また忍者の皆さんとお会いすることが出来てありがとうございます。

 


たくさんの〝ありがとうございます〟が出てきた。

 


そうすると〝心〟が穏やかになった。

 


結果は28位だったけど、僕にとっては多くのことを学べた28位だったと思います。

 

 

僕は今回手裏剣打ちを通じて〝危機感〟と〝感謝〟を学べましたが、これは日常生活のあらゆる場面にも繋がるものなんだと思いました。

 


日々のあらゆる場面で〝危機感〟と〝感謝〟を感じられるようになると、またひとつ学びになるのかなと思います。

 


今日も命の貴重な時間を使い最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

f:id:irohanihoheto-shinobi1105:20170315182908j:image