いろはのことのは。

対話を通して言葉を贈る〝言葉贈り人〟として活動しています。忍者としても密かに活動中。

ほら、また完璧を目指してない?

今、自分の中で完璧を求める心が強く占めそうになってきたので書きます。
これは自分に対するメッセージでもあるけれど、何かを始めると完璧、完全、めっちゃ綺麗なものを目指すようになる。

 


その気持ちと向き合っていく必要がある。
その気持ちを消すのではなくて、その気持ちも受け入れて受け止める。

 


完璧、完全を目指すことによって心が疲弊するのはよろしくないし、それはもうすでに不完全。

 


ただ、全力で挑んだ時に上手くいかなかったとしても後悔しないように、準備しないといけないなぁ。
というのはイチロー選手の受け売りです笑

 


先日の手裏剣打ち選手権大会でも毎年大事やなぁって思うことが、心技体。
心技体どれが欠けても上手くいかない。
どれだけ体を鍛えても心と技を磨かなければ結果は伴わない。
どれだけ技を磨いても心と体が元気じゃなければこれまた結果は伴わない。
心をいくら強靭にしても体を鍛えず技も磨かなければ結果は伴わない。

 


この心技体の準備が大切なのかなと思いました。
イチロー選手は心技体を整えているお手本のような方で、最高のパフォーマンスを維持する為に自分にあったトレーニングや、食事、ルーティンも準備の一環として徹底してはる。

f:id:irohanihoheto-shinobi1105:20170316231327j:imagef:id:irohanihoheto-shinobi1105:20170316231336j:imagef:id:irohanihoheto-shinobi1105:20170316231340j:image


そんなイチロー選手でさえも、もちろん凡退することがある。
むしろ10割なんて打てなくて、三振だってするしフライアウトにもなるし、ゴロアウトにもなる。
盗塁もめっちゃ高確率で決めているけど盗塁死することもある。
守備もめっちゃ上手くてエラーなんてほとんどしないけど、エラーする時もある。

 


つまりはどんなに準備をして挑んでも上手くいかない時もあるし、思うようにいかない時もある。
だから変に意識して完璧を求めることはない。

 


何をもって完璧なのかすらわからないんやけどね笑

 


思い描く理想のものがあるからそういう考えになるんやろうけど、それはそれとして上手くいかない自分も受け入れてあげてなるべくそこに近づけるように向上心は失わないようにしよう。

 


自分サイズで出来ることをやり続けよう。