いろはのことのは。

対話を通して言葉を贈る〝言葉贈り人〟として活動しています。忍者としても密かに活動中。

自分の中の違和感をほったらかしにしない。

自分の中に違和感が生まれた時、無視したり見逃したりほったらかしにしたりしない。


相手を優先に考えて、相手に合わせて、自分の中の違和感をほったらかしにしていると、どんどん自分が自分じゃなくなっていく。


相手に優しくするのと相手のことを考えてあげるのはセットの時もあれば、セットじゃない時もある。
自分が自分に寄り添わずに優しく出来てないのに相手に寄り添って優しくするとどんどん自分が無くなっていく。


違和感を感じたら、それが自分と世間とのギャップ。
そこを埋めるのか、突き抜けるのかは自分の自由。
そう自由なのだ。


それならばと思いっきり自分を突き抜けるもあり、逆に世間とのギャップを埋めるもあり。
どんな自分でも良い。
どんな自分も自分。


周りと違うからって悲嘆したり恐れることはないよ。
違うってことはそれだけ可能性があるってこと。
そしてみんな違ってみんな良い。
自分を責めたり自分を卑下する暇があったら、自分の可能性を磨いていこう。


今日も貴重な命の時間を使って最後まで読んでいただきましてありがとうございます!